2013年11月03日

青森ドロップキッカーズ

ウィンタースポーツの季節到来ですね。
今回ご紹介させていただくのは、『青森ドロップキッカーズ』(小学館・森沢明夫・著)。
まずは、あらすじから。

青森ドロップキッカーズ(本書より抜粋)
いじめられっ子の中学生・宏海と、中途半端な不良の雄大。そしてトップを目指して氷上で戦うアスリート姉妹、柚香と陽香……。
見た目もキャラもまったく違う凸凹な4人が、カーリングホールで巻き起こす、このうえなく爽快で泣ける青春小説の決定版!


カーリングの名前は知っているけど、ルールはよく知らないなぁ。
そう思って手に取ったのがこの作品でした。
最初にガツンとやられたのは、本の帯に書かれていたこの言葉。

カーリング精神
一、カーラーは、不当に勝つなら、むしろ負けを選ぶ。
二、カーラーは、ルール違反をしたとき、自ら申告する。
三、カーラーは、思いやりを持ち、常に高潔である。

私、自分が意気地がなくて、腹黒いからでしょうか。
「高潔」って言葉に魅力を感じてしまって……(笑)。
難しいルールが出てきたら、そこの個所は読み飛ばすつもりで(←失礼!)本書を開いたら、そんな心配は無用で、どの場面にもカーリングを知らない読者への配慮がなされていて、とても読みやすかったです。
だからと言って、入門書的な薄っぺらな内容ではなくて、カーリングという競技の奥深さ、面白さ、厳しさも描かれていて、読み応え充分です。

何と言っても、主役の四人 ――紆余曲折があって、この四人が最後にカーリングのチームを組むことになるのですが―― の凡人っぷりが素敵です。
いじめられっ子の中学生・宏海と中途半端な不良の雄大。アスリート姉妹の柚香と陽香。
誰も特別な才能を持ち合せている訳ではなくて、ただ人よりもちょっと繊細だったり、傷つき易かったりするのだけど、それもたぶん、誰もがそういう部分を持っているはずで。
性格、環境、立場も全部バラバラな四人が、個々の問題に向き合いながら、仲間の痛みを知ろうとする。支えようとする。
ああ、だからカーリングなんだ。カーリングじゃなきゃ成り立たないお話なんだ!と納得、満足、感動の作品でした。

恥ずかしながら、私、三回ほど涙腺が緩んでしまいました。
作品のあとがきに添えられていた「『憂』の隣に人が寄り添うと『優』しくなる」という作者様の言葉が印象的でした。
優しい目線で描かれた氷上の高潔で熱いスポーツを是非、体感してみてください。おススメです!


posted by 宮城あおば at 21:29| Comment(0) | スポーツ小説紹介