2013年06月06日

ひかりの剣

今回ご紹介させていただくのは、『ひかりの剣』(文春文庫・海堂尊著)。
もしかしたら著者をご覧になって、「あれ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
海堂氏は『チーム・バチスタの栄光』を始め、医療系ミステリーを多く書かれていて、そっちの方で有名ですものね。
かく言う私も、その彼がどんなスポーツ小説を書くのだろう?という好奇心から手に取った作品です。
まずは、あらすじから。

ひかりの剣(本書より抜粋)
覇者は外科の世界で大成するといわれる医学部剣道部の「医鷲旗大会」。
そこで、桜宮・東城大の〈猛虎〉速水晃一と、東京・帝華大の〈伏龍〉清川吾郎による伝説の戦いがあった。
東城大の顧問・高階ら『チーム・バチスタ』でおなじみの面々がメスの代わりに竹刀で鎬(しのぎ)を削る、医療ミステリーの旗手が放つ青春小説。


大学医学部限定の剣道大会、その名も「医鷲旗大会」。そこでの優勝を巡って、各大学の剣道部員がそれぞれのやり方で己を磨き、策を練り、戦いの中で成長していく物語です。
舞台が大学の剣道部なので、かなり本格的と申しましょうか。
正直、剣道を全くご存じない方が読むには少々苦労するかもしれません。私も知り合いの剣道少年達に聞きながら理解した箇所もありました。
でも、その分、読み応え充分な内容となっております。

剣の道を志す人達は、皆、武士道の精神を持っているのか思いきや、本書の登場人物は策士がいたり、タヌキがいたり……本来、正統派と思われる、己に厳しい実直な剣士が、その実直さゆえの「弱さ」を指摘されたりもする。
そういう意味では、剣道も他のスポーツと変わりがないなぁ、と共感できる部分もたくさんあって、それでいて、クライマックスに向けての「死闘」はやはり剣道ならでは見どころが盛りだくさんで、剣道にあまり精通していない方にも、是非、苦労をしてでも(笑)読んでいただきたい作品です。

少々ネタバレになりますが、私の好きなシーンを一つ、ご紹介させてください。
ろくに稽古もしていない剣道部の顧問が、「医鷲旗大会」優勝に向けて必死に努力してきた剣道部員達を難なく打ち負かしてから、言い放つ台詞があります。
「君が私に勝てない理由は簡単さ。私は毎日、手術室という命を削る戦いの場に身を置いている。メスという刃は竹刀より小さいが、その下で繰り広げられる世界は、一歩間違えば相手の命を奪う真剣勝負。剣道場で行われている勝負よりも厳しい。そこで毎日メスを振るっていれば、剣筋はおのずと磨かれる」

『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』等々、各作品の伏線として読んでみるのも楽しいのではないでしょうか。


posted by 宮城あおば at 07:52| Comment(0) | スポーツ小説紹介