2013年01月17日

DIVE!!

サッカーや野球に比べれば、テニスはマイナーな部類に入ると思うのですが、
(ナダルがグランドスラムを達成した際に、ほとんどのTV局で取り上げられなかったことを、いまだに根に持っている私・苦笑)
この小説で扱う種目もマイナー度合いでは負けていないと思います。

今回、おすすめするのは『DIVE!!』(角川文庫・森絵都著)。
高飛び込みのお話です。

あらすじ(本書より抜粋)
高さ10メートルの飛び込み台から時速60キロでダイブして、わずか1.4秒の空中演技の正確さと美しさを競う飛込み競技。
その一瞬に魅了された少年たちの通う弱小ダイビングクラブ存続の条件は、なんとオリンピック出場だった!
女コーチのやり方に戸惑い反発しながらも、今、平凡な少年のすべてをかけた、青春の熱い戦いが始まる――

森絵都氏と言えば、『リズム』とか『カラフル』が有名でしょうか。
この『DIVE!!』も森ワールドというのか、登場人物がそれぞれに繊細な部分を抱えていて、時にそれを持て余し、格闘しながらも、競技へと結び付けていく。その過程がとても丁寧に描かれていて、高飛び込みの世界が身近に感じられました。
等身大の少年達の姿にほのぼのしていたはずなのに、いつの間にかドキドキな展開に追い込まれ、最後は爽快感が残る。そんな物語です。
上、下巻とあるので、じっくり長編を読まれたい方におすすめです。



posted by 宮城あおば at 08:56| Comment(0) | スポーツ小説紹介